消費者金融で違法な高金利の請求や悪質な取り立て被害にあった場合には、返済状況がわかる契約書や業者とのやり取りを記録しておこう

Menu ▼
消費者金融で借りる前の基礎知識
金融用語
消費者金融のQ&A
 TOP消費者金融で借りる前の基礎知識 >最近の法律改正
消費者金融で借りる前の基礎知識
金融用語
消費者金融のQ&A

最近の法律改正


◇ 平成18年(2006年)12月13日の第165回臨時国会において、「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」が成立し、12月20日に公布、段階的に施行されています。


◇ 最長で2010年の6月中旬までに全条文が施行される予定であります。



◇ また、この改正の最終期限をもって出資法の上限金利は年率20%となり、みなし弁済規定と従来のグレーゾーン金利は廃止される予定です。

◇ しかし、施行期間の最終期限までグレーゾーン金利が残ることについては批判があり、また、施行から2年半以内に出資法及び利息制限法に基づく金利規制のあり方について所要の見直しを行う「見直し規定」が定められています。

◇ みなし弁済規定の廃止、新規参入や融資額などの規制強化、罰則などの強化が行われます。




◇ 2007年には早くも影響が現れており、優良顧客を確保するために大手消費者金融・大手商工ローンは、新規の顧客について銀行系消費者金融と同じ水準まで上限金利を引き下げ、審査を厳しくして融資先の絞込みを行ったようです。

◇ 「通常、貸出残高と回収実績の両方について厳しいノルマが課せられ、達成できないと支店(通常支店長一人と部下二、三人)で連帯責任を取らされる場合も多いと言われる消費者金融の業態にも変化が現れています。

◇ 大手業者については、上限金利引き下げに伴う審査の厳格化(適正化)による成約率の70%台から30%台への低下や、「ネオヤミ金」といわれる、以前の上限金利である40%程度で融資するヤミ金業者の出現、過払い請求への対応及び銀行等が融資を引き締めたことによる中堅以下の業者の倒産・廃業(クレディア、アエル(貸金業者)の民事再生法申請など)などが発生しています。

◇ このような場合、過払い金債権者(借り手)が過払いだということを知らないなどの理由で期日までに届け出できない場合、過払い金の請求が難しくなることがあります。





消費者金融で借りる前の基礎知識
金利の知識は必須
最近の法律改正
消費者金融大手6社
違法業者の手口
チェックポイント
リボルディング払いの注意点







大人のための血液型診断
好きな女性を口説く方法と口説き方
小悪魔な恋愛テクニックでモテる女性に大変身!
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛・深層心理
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
いい女がいい男を選ぶ時代
男性に愛される女性の特徴と愛される方法
言い方や言葉の裏に隠された本音を見抜こう
一生お金に困らない貯め方・使い方
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
生活習慣病とストレス解消法
うつ病患者をサポートしよう
よくわかる介護保険
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
人相による結婚相手の選び方



Copyright (C)2015. 消費者金融・借金地獄に陥らないための基礎知識 All rights reserved.